妙蔵寺

person_pin

ご案内

令和2年 夏の行事につきまして

初夏の候、檀信徒並びに有縁の皆様にはますますご清祥のことと拝察いたします。今年は新型コロナウィルスの影響により、日常生活にも大きな影響が出ております。5月25日に国の緊急事態宣言が解除されましたが、当山では今年度中は感染防止を意識した形で活動をすることとなりました。

夏の行事としては、7月·8月のお盆やお施餓鬼会などがございますが、例年から大きく変更している事柄がございます。

  • お施餓鬼会法要(7月21日)の檀信徒の皆様のご参列は停止いたします。
  • お施餓鬼会当日(7月21日)のお塔婆のお渡しはございません。7月22日〜8月16日の期間に個別にお塔婆をお受け取りください。
  • 夏期の仏花の販売はございませんので、事前にご準備ください。
  • お盆の棚経は、春のお彼岸と同じように、各家の前で御供養と回向をし、伺った旨の書面を郵便受け等に投函させていただきます。

詳細は下記掲載いたしましたので、ご熟読いただきそれぞれの項目で詳細や変更点をご確認ください。

三密を回避しながら、ご先祖様や大切な存在と向き合い、「安心」と「安穏」へつながる一助となるよう、ご理解とご協力をお願い申し上げますとともに、一日も早い事態の収束と皆様のご健勝を祈念いたしております。

videocam

【動画配信】御施餓鬼会(おせがきえ)

<配信日時>

7月21日 午後2時〜

(ご覧になるにはパスワードが必要です。)

妙蔵寺では、毎年7月21日にお施餓鬼会法要を行います。
令和2年、本年は皆様のご自宅でも法要がご覧いただけるよう、妙蔵寺本堂でおこなう「御施餓鬼会法要」をインターネットでライブ配信いたします。

お手持ちの携帯電話や通信環境によって、動画が見ることができない場合もございます。
2020年 8月31日まで録画の視聴が可能です。ご安心ください。

settings_voice

おしらせ

知っておきたい

「お盆とお施餓鬼」

お盆について 由来や歴史

「お盆とお施餓鬼」その1

お盆の正式名称は、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。この言葉は、諸説がありますが、最も有名な説が、インドの古代言語であるサンスクリット語で「逆さ吊り」を意味する「ウラバ・・・(続きを読む)

妙蔵寺 のご案内

妙蔵寺の池の鯉
history

沿革

妙蔵寺の草創、創建や縁起について(準備中)

event

行事・催事

当山の年間行事と、法話「法華経講話」、「こころの時間」のご案内

commute

地図

妙蔵寺へのアクセス

forum

お問合せ

電話かFAXにてご連絡をお願いたします。

メニュー